剪定のタイミングと方法|自宅の庭木の剪定はプロへ!室内では上手に観葉植物を育てよう
ロゴ

剪定はタイミングが重要~最適な時期を選んで業者に依頼~

剪定のタイミングと方法

剪定

樹木によって最適な剪定時期は異なる

剪定とは、樹木の枝を切り揃えたり風通しを良くすることで、樹木の成長を助けたり病害虫を防ぐことができます。この剪定は、樹木の種類によって最適な時期が異なります。マツやスギなどの常緑針葉樹は、寒さに強いので冬でも剪定できますが、やはり暖かい春の方がより適しています。キンモクセイやツバキなどの常緑広葉樹は、だんだんと気温が高くなってくる春に行なうのが良いです。寒さに弱いので、真冬は避けなければいけません。ヤマボウシやハナミズキなどの落葉広葉樹は、落葉後から初冬にかけての寒い時期が適しています。種類や生長のサイクルを調べ、枯らしてしまったりすることのないよう、その樹木に適した時期に剪定をすることが大事です。

業者が行なう剪定方法

樹木の剪定の適切な時期がわかれば、庭木のお手入れに役立ちますが、素人が行なうと枯らしてしまうなどのトラブルの原因になったり、思わぬ怪我に繋がる場合もあります。そのようなことにならないために、目的に合った剪定を行なう専門の業者に、剪定を頼むのもいいでしょう。剪定方法には、伸びすぎて混みいった枝を減らし、日当たりや風通しを良くする透かし剪定があります。そして途中まで切り詰めて、残した部分から強い枝を出させる切り戻し、生垣やトピアリーなどの枝をカットして人工的に整形する刈り込みもするのです。また新しく出てきた芽を積み、生長を抑えて形を維持する芽摘みなどがあります。剪定業者は樹木の状態を判断し、それぞれに適した剪定方法を行ないます。

見積もりや対応が丁寧な業者に剪定は依頼すべき

大切な庭の樹木の剪定を頼むなら、仕上がりにも支払う料金にも満足できる良い業者を選びたいものです。それを見極めるには、良い業者の条件を知っておくことが大切です。一本の木の剪定からでも快く引き受けてくれる、追加料金が極力発生しない見積もりを算出してくれるのが良い業者の条件です。きちんとこちらの要望を聞いて相談にのってくれるような親切で丁寧な業者を選びましょう。また、見積もり内容に不明瞭な点があったり、安い値段を提示しておきながら、オプション料金などと後で料金を上乗せすることがあっては問題です。せっかくプロの手に任せるのですから後悔しないよう、見積もりが明瞭で対応が親切丁寧な業者に依頼するようにしましょう。

広告募集中