ロゴ

注目される剪定の目的~木にあった剪定方法をチェック~

剪定する意味を知る

園芸用品

綺麗な庭を維持するためには「剪定」が必要

生きている庭木は、枝がドンドン伸びます。手入れを怠っていると、枝が伸びっぱなしになり、せっかくの庭がまるでジャングルのようになってしまうことも。庭を綺麗な状態に維持するには「剪定」は欠かせません。しかし、木の枝はただ切れば良いというものではないのです。それぞれの木の大きさを維持しながら、見た目も綺麗に見えるようにする必要があります。木の姿が重要な常緑樹は、木の形や枝の姿が美しく見えるように枝をすかし、樹形を整えます。また花がつく木であれば、花を美しく咲かせることを考えた剪定をする必要があります。木の種類により剪定に適した時期があるので、その木にあった時期と方法で剪定をおこない、綺麗な庭を維持しましょう。

大阪の植木屋なら庭の管理も相談できる

木によって剪定の方法が違うため、知識がないまま庭の木の手入れをするのは大変なものです。庭を綺麗に維持するために樹木の形を整えたい場合は、大阪であればその地域の植木屋に相談してみるとよいでしょう。また植木屋は、すでに植えられている木の剪定だけを頼める業者ではありません。庭の目隠しのために、これから新しく木を植えたいという場合にも、何を植えるか最適な植木を選ぶ相談に乗ってもらえます。また、木の様子がおかしく害虫か病気ではないかというときも相談することができます。庭の管理に、大阪の植木屋は頼りになる存在です。

家の中で育てるならどれがいい?人気の観葉植物ランキング・ベスト5

no.1

パキラ

庭木もいいですが、どうせなら家の中でもグリーンを取り入れたいものです。そこで、明るいグリーンの葉がさわやかなパキラが人気。育て方もカンタンで、手のひらにのるようなミニサイズから、人の背丈ほどのサイズのものまであり、斑入りの品種もあります。明るい室内で管理すれば簡単に育つので、初心者でも育てやすいのが人気の理由です。

no.2

モンステラ

切り込みの入った葉の形がおもしろいモンステラは、部屋の雰囲気をオシャレな雰囲気に。大型の品種もありますが、部屋に飾りやすい、あまり大きくならない品種もよく出回っています。耐陰性はあるものの、明るい窓辺での管理がおススメです。

no.3

アンスリウム

赤やピンク、白といった色の仏炎苞(ぶつえんほう)を鑑賞できるアンスリウムは、シャープな雰囲気が魅力。花が終わっても葉を観葉植物として楽しめます。育て方も簡単です。イベントやお祝い事のギフトとしても人気があります。

no.4

サンセベリア

トラノオとも呼ばれており、縞模様が入った太くて細長い葉が特徴のサンセベリア。耐陰性があり、乾燥にも強いため、家で育てるのに向いています。水やりの頻度も少なく手がかかりません。逆に水のやりすぎに注意が必要です。

no.5

ポトス

緑に淡い黄色の斑が入った、つる性の観葉植物・ポトス。丈夫で育てやすく育てやすいため、人気があります。あまり光の入らない部屋でも比較的持ちがよいのが特徴です。美しい白斑が入る品種や、ライムグリーン色の品種などもあります。

その他のおすすめ記事

剪定

剪定のタイミングと方法

樹木の剪定は、タイミングというものがあります。そのため、いつでもしていいわけではありません。最適な時期に業者の方法で行なうのが良いでしょう。

READ MORE
植木

植木屋を選ぶためのコツ

大阪で植木屋を選ぶときには、評判チェックは必須です。子どもがいるなら、無農薬で作業を進めてくれるところを選ぶ必要も出てきます。相場は職人一人あたり二万前後と考えておけば問題はないでしょう。

READ MORE
観葉植物

パキラに適した育て方

パキラは、根詰まりに気をつければ、観葉植物の初心者でも割と気軽に育てられ、また可愛い外見で人気もある植物です。

READ MORE
作業員

剪定はプロに任せよう

剪定をすることで、樹木やまわりの建物、生活・自然環境などいろんなものがよくなります。サイトや電話で気軽に問い合わせもできて、高齢者や女性の1人暮らしでも安心して依頼できます。目的にあった料金、技術、アフターフォローも充実していればなお嬉しいです。

READ MORE

[PR]

パキラの育て方を徹底解説!
室内に緑を取り入れよう

庭の手入れは大阪の植木屋にお任せ!
プロが丁寧に対応してくれる

[PR]

広告募集中